読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

club one所属吉野美穂子のサッカーブログ◯

club one(クラブワン)というサッカークラブに所属しています。吉野美穂子です。サッカーに対する想いをひたすら綴るブログです。

吉野美穂子が選ぶ凄い選手「マヌエル・ノイアー」

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はマヌエル・ノイアーの紹介です。


マヌエル・ノイアー選手はドイツのゴールキーパーで、現在イタリアのブッフォン選手と並んで、世界最高のゴールキーパーと賞賛される選手です。

史上初のゴールキーパーによるバロン・ドールは、彼が獲得するのではないか、とも言われています。


プレースタイルはとにかく攻撃的なこと。危機を察するやいなや、果敢にペナルティエリアの外に飛び出して、ディフェンダーのようにタックルして、ピンチを事前に摘み取ってしまいます。


またシュートへの反応もずば抜けており、ペナルティエリアの外からのシュートは、ほとんど成功しないと言われるほどです。

彼のキャリアは、その他のドイツの名手と同じように、まずはブンデスリーガの一部で活躍し、それが認められてバイエルン・ミュンヘンに移籍する、という道筋を歩んでいます。
彼が移籍した後のバイエルン・ミュンヘンは、ブンデスリーガを三連覇し、さらにドイツ代表の守護神として活躍したブラジル・ワールドカップでは、みごとに優勝を勝ち取り、大会のベストイレブンにも選出されました。

しかも、まだ若いので、この先どこまで伸びるのか、本当に末恐ろしい選手です。
以上、吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)でした。

clubone(クラブワン)SCインテルナシオナル

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はSCインテルナシオナルの紹介です。


今回、吉野美穂子がclubone(クラブワン)において注目するSCインテルナシオナルは、1909年創設のクラブチームで、ブラジルのリオグランデ・ド・スル州の州都ポルト・アレグレ市を本拠地としています。

ホームスタジアムは56000人を収容することができるエスタジオ・ベイラ=リオです。


設立のきっかけは差別でした。というのも、サンパウロから来た3人の兄弟が、サッカーをしたくてもどのクラブにもよそ者ということで入れてもらえなかったのです。そこで、そういった差別を一切排除したクラブが作られました。

 

覚書には“人種、宗教や経済的な差別は受け入れない”とあります。


国内タイトルは1975年と1976年と1979年のブラジル全国選手戦で3回、1992年にコパ・ド・ブラジルで1回獲得しています。

リオグランデドスル州選手権では2016年にも優勝し、その数は45回と圧倒的な強さを見せています。


国際タイトルでは2006年にFCバルセロナを下してFIFAクラブワールドカップを制しています。

また、2006年と2010年のコパ・リベルタドーレスを2回獲得といったように、多くのタイトルは、輝かしい存在感を誇っています。


そして、数多くの一流プレイヤーを輩出しており、クラブ・コロラド・ビクトリアスの魂をしっかりと存続させているのです。

吉野美穂子が選ぶ凄い選手「トーマス・ミュラー」!

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はトーマス・ミュラーの紹介です。


吉野美穂子は、彼がドイツ代表の主力に常に名前を連ねていることから注目していました。

バイエルン・ミュンヘンでも欠かせない戦力として、常にスターティングメンバーに選ばれているのでclubone(クラブワン)をいつも見ている皆さんも名前だけはご存知だと思います。


トーマス・ミュラーの魅力は、その身体能力の高さもさることながら、頭脳プレーに長けているということです。

味方を利用して裏のスペースに走るフリーランニングは目をみはるものがあります。

彼の動きの特徴はボールをほとんど触っていないのに、相手を崩すことができるという点です。

そして相手を崩すパターンの引き出しも数多く持っています。

敵と味方の動きや状況を瞬時に見極めて、その引き出しを出すという頭脳プレーが彼の特徴でしょう。


もちろんミュラー自身のボールキープ、ショートレンジの広さ・精度、パス精度、フィジカルの強さは一流選手の水準を超えていますが、派手な個人プレーがないので、特徴がわかりにくい選手です。

 

しかし自分以外の味方の選手のサポート、そしてその戦況を見極める冷静な観察眼がチームを地味ながらも支えているのです。

吉野美穂子が選ぶ凄い選手「ルイス・スアレス」

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はルイス・スアレスの紹介です。

世界屈指の点取り屋と呼ばれ、かのリオネル・メッシにも「世界最高の9番」と絶賛される彼ですが、残してきた実績も凄まじい物があります。


彼の欧州における最初のキャリアは、オランダからスタートしました。

彼が4シーズン在籍したPSVは、彼がいる間「FCスアレス」なんて言われるほど、チームのほとんどの得点を、彼が一人で決めていました。


その実績が認められ、イングランドの名門リバプールに移籍しますが、そこでも得点を量産。

ワールドカップにおける「噛みつき」騒動があって、出場試合が少なかったにも関わらず、得点王まであと一歩というぐらい、点を取りました。


そしてリバプールの実績を元にステップアップした先が、世界最高のクラブと名高いFCバルセロナです。

そこでメッシやネイマールといった選手を両脇に従え、堂々とセンターフォワードとして君臨し、2シーズン目にはリーガ・エスパニョーラの得点王を獲得します。
彼の凄いのは得点だけでなく、アシストも多いこと。守備も頑張る選手で、本当に穴がありません。


以上、吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)でした。

clubone(クラブワン)SCインテルナシオナル

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はSCインテルナシオナルの紹介です。


今回、吉野美穂子がclubone(クラブワン)において注目するSCインテルナシオナルは、1909年創設のクラブチームで、ブラジルのリオグランデ・ド・スル州の州都ポルト・アレグレ市を本拠地としています。

ホームスタジアムは56000人を収容することができるエスタジオ・ベイラ=リオです。


設立のきっかけは差別でした。というのも、サンパウロから来た3人の兄弟が、サッカーをしたくてもどのクラブにもよそ者ということで入れてもらえなかったのです。

そこで、そういった差別を一切排除したクラブが作られました。覚書には“人種、宗教や経済的な差別は受け入れない”とあります。


国内タイトルは1975年と1976年と1979年のブラジル全国選手戦で3回、1992年にコパ・ド・ブラジルで1回獲得しています。リオグランデドスル州選手権では2016年にも優勝し、その数は45回と圧倒的な強さを見せています。


国際タイトルでは2006年にFCバルセロナを下してFIFAクラブワールドカップを制しています。

また、2006年と2010年のコパ・リベルタドーレスを2回獲得といったように、多くのタイトルは、輝かしい存在感を誇っています。


そして、数多くの一流プレイヤーを輩出しており、クラブ・コロラド・ビクトリアスの魂をしっかりと存続させているのです。

clubone(クラブワン)ACミラン

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はACミランの紹介です。


clubone(クラブワン)ではFIFAクラブワールドカップの優勝チームを紹介していますが、今回紹介するACミランは2007年に優勝しています。

決勝戦はボカ・ジュニアーズとの対戦で、吉野美穂子も注目していました。


ACミランは、イタリアのサッカーリーグである「セリエA」に所属するチームです。1899年に創設されていて、長い伝統だけではなく実力も兼ね備えたチームで、セリエAのなかでも代表的なチームとされています。

ホームタウンはミラノで、ホームグラウンドはジュゼッペ・メアッツァです。このグラウンドはサン・シーロという愛称で知られています。

ACミランのホームユニフォームは赤と黒の縦じま模様になっていて、レプリカのユニフォームが販売されています。

ACミランでは、背番号6番は永久欠番になっています。過去に所属していたディフェンダーフランコ・バレージに敬意を表するためです。

ACミランの活躍を見ると、セリエAの優勝経験はかなり豊富です。

近年では2010年のシーズンで優勝しています。

また、国際試合ではインターコンチネンタルカップUEFAチャンピオンズリーグでも複数回の優勝経験があります。

clubone(クラブワン)マンチェスターU

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はマンチェスターUの紹介です。


マンチェスターユナイテッドは世界屈指のビッグクラブで、ファンクラブの登録数は世界ダントツのナンバーワンと言われている人気クラブです。

それだけのクラブですから、収入も桁違い。

レアル・マドリーFCバルセロナと言ったクラブに引けをとらない収益を挙げており、毎年のように世界屈指の名手を獲得して、ニュースの紙面を騒がせています。
一度は「ミュンヘンの悲劇」と言われる飛行機事故で、主力選手の殆どを亡くしてしまったユナイテッドですが、悲劇を乗り越えての活躍は皆が知るところです。

特に「サー・アレックス・ファーガソン」が率いるチームは「紅い悪魔」と恐れられるほどの強さで、優勝回数は驚きの20回で、同国リーグでダントツの回数です。

国内のみならず、チャンピオンズリーグも3回制しているほか、2008年にはクラブW杯(旧トヨタカップ)も制しています。
その後、ファーガソン監督の引退もあり、すこしゴタゴタとしたシーズンもありましたが、決して中位にまで順位を下げること無く、来シーズンからはスペシャル・ワンと名高いモウリーニョ監督を招聘し、話題を呼び続けています。というわけで、来季もユナイテッドからは目が離せませんね。


以上、吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)でした。

吉野美穂子が選ぶ凄い選手「ネイマール」!今後のさらなる活躍が期待されるスーパースター

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はネイマールの紹介です。

サッカーファンはもちろんですが、サッカーにあまり興味が無い人でも名前は誰でも知っているブラジル代表の超スーパースターです。


どんなに凄いのかと言うと、なんと14歳でブラジルのサントスというクラブチームで契約したのですが、この時スペインのレアルマドリードと契約寸前であったにもかかわらず、才能ある若者を他の国に出してはいけないという事で若干14歳の少年に対して破格の4000万円という契約金を提示しました、それだけ当時から大きな期待があったことの表れと言えます。


2009年17歳でブラジル、セリエAでプロデビューし、その年から4年連続で10得点以上を記録しています。

2013年にスペインリーグのFCバルセロナに移籍し、直近2シーズンは連続20得点以上をマークし、チームメイトのメッシと共に、中心を担っています。


2014年のブラジルワールドカップではブラジル代表として準決勝までに4得点の活躍を見せていましたが、準決勝のコロンビア戦でスニガの激しいチャージで脊椎骨折に見舞われ、ネイマールを欠いたチームも、準決勝で敗退してしまいました。


2015年のFIFAバロンドールではメッシ、C.ロナウドと共に最終候補3人にも入っており、今後もさらなる活躍が期待されています。

 

以上吉野美穂子の今日のclubone(クラブワン)でした。

吉野美穂子が選ぶ凄い選手「クリスティアーノ・ロナウド」

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はクリスティアーノ・ロナウドの紹介です。


クリスティアーノ・ロナウドは世界最高峰のサッカーリーグであるリーガエスパニョーラのトップチームであるレアルマドリードに所属する名実ともに世界トップクラスの選手です。
フォワードの選手として欠かせない数多くの資質を兼ね備えており、走ってよし、蹴ってよし、ヘディングしてもよしの正に天性のストライカーと呼べる選手で吉野美穂子が自信を持ってclubone(クラブワン)に取り上げられる選手と言えます。


また、クリスティアーノ・ロナウドの魅力はその華麗なテクニックにもあります。

 

高速ドリブルからの股抜きフェイントやキーパーを嘲笑うかの様なループシュート、さらには、ペナルティエリア外からの強烈なミドルシュートも見応えがあります。


フリーキックにも定評があり、代表、レアルマドリードどちらでもフリーキックを蹴る機会があり、強烈なシュートから無回転のシュート、綺麗な曲線を描くカーブまで多彩なシュートを持っています。


吉野美穂子は90年代以前の選手を詳しく知りませんが、クリスティアーノ・ロナウドは歴代選手と並べても、その実力、カリスマ性はトップクラスと言えます。

 

 

www.goal.com

clubone(クラブワン)インテル・ミラノ

吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)はインテル・ミラノの紹介です。


インテル・ミラノはイタリア屈指の名門クラブで、同国のリーグ史上、唯一二部リーグへの降格を経験していないクラブです。
セリエAの優勝回数は、驚きの18回。過去に在籍した名手の名を上げるだけで、その凄さがわかります。

例えばブラジルの英雄ロナウドや、イタリアの重戦車の名も高いクリスティアン・ビエリ

堅い守備から、この二人だけで得点を奪ってしまうシーンは、ファンを熱狂させたものです。
過去に幾度かの浮き沈みを経験しながらも、数年で調子を取り戻し、欧州の主要タイトルを獲得してしまうのもインテル・ミラノの魅力。

2008年シーズンには、スペシャル・ワンの名も高いジョゼ・モウリーニョ監督を招聘し、世界最高クラブを決めるチャンピオンズリーグを制覇しました。

決勝の相手は、無敵と名高かったFCバルセロナ。ファーストラウンドでアウェイゴールを上げ、ホームでは敗北するものの、堅い守備でプラン通りに総勝点で相手を上回り、予告通りのゲーム運びで栄光を勝ち取りました。さらに2010年に開催されたクラブW杯(旧トヨタカップ)も制しています。


現在数シーズンの低迷を続けている同クラブですが、過去の栄光を知っていると、期待せずにはいられないクラブですね。


以上、吉野美穂子がおくる今日のclubone(クラブワン)でした。